FX「七転八起」~スイング & デイトレ~

失敗しても諦めない、少しずつでもいいから成長したいトレーダーの皆さん。相場を見る時間があまりないサラリーマントレーダーの皆さん。皆様に少しでもお役にたてる情報を発信しようと思います。さあ一緒に勝ち組を目指しましょう!


スポンサーリンク


5月第2週:久々の利食いも・・・

楽しかったゴールデンウィークも終わり、日常の多忙な生活へと戻りました!

先週末は・・・
含み益のポジションが2個
含み損のポジションが6個
トータルで含み損-1,100pips
逆指値でのエントリー注文3個
でしたが・・・

今週のトレード
8個ポジションでスタート!
月曜日、仏選挙の影響で窓開けスタート。
     取引開始と同時にEUR/CHFの買い注文が約定
     合計9個ポジションに。
火曜日、USD/JPY、GBP/JPYの買い注文が相次いで約定
     合計11個ポジションに。
水曜日、USD/JPYで利食い+300pips
     久々の利食い!
     連敗は19連敗でストップ!
木曜日、NZD/USDで損切‐300pips・・・

まぁ、なかなか乗り切れない相場が続きますが、とりあえず久々に利食いできたのは良かったのかな。
週の中盤、トータルでも含み益になる場面もあったけど、最後は息切れした感じです。
結局、週末の含み損は‐500pips
保有中の9個ポジションは・・・
含み益のポジションが3個
含み損のポジションは6個

来週は・・・
逆指値でのエントリー注文を、4個準備!
良い1週間でありますように

******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

スポンサーリンク

5月第1週:ゴールデンウィークでも好転せず・・・

今週はゴールデンウィーク!
休日を楽しく過ごしながら、FXも淡々と・・・

先週末は・・・
含み損のポジションが7個
含み益のポジションが1個
トータルで含み損-1,100pips
でしたが・・・

今週のトレード
淡々と8個ポジションでスタート!
火曜日、逆指値の注文がヒットし、USD/JPYの買いエントリー
木曜日、AUD/CHFが損切にかかり、-300pips
うーん・・・
これで3月末から19連敗・・・
今週は、損切はないかと思っていたのですが・・・残念!

含み損も‐1,100pips
保有中の8個ポジションは・・・
含み損のポジションが6個
含み益のポジションは2個

先週末に逆指値注文した4個ポジションは1個だけがヒット。
それだけ思った相場と違ったということでしょうか?

来週は・・・
逆指値でのエントリー注文を、3個準備!
さて約定なるかどうか?
そして、日曜はフランス大統領選挙!
前回、ガッツリとやられており、今回も・・・
いかん、いかん、言霊、言霊(笑)
今週こそ良い1週間でありますように

******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

悩ましき「押し目買い」その神髄は!

私は、「押し目買い(戻り売り)」でエントリーすることがほとんどです。

いわゆる、上昇トレンドの途中にできる安値(押し目)を狙って買っていくやり方ですね。
売りの場合は下落トレンドの途中にできる高値(戻り高値)で売っていくから「戻り売り」となります。
図でいうと・・・

理屈はよーくわかる。
でも、実際やってみると・・・
難しいのは、どこが押し目なのかの判断ですよねー。
そこで、押し目買いや戻り売りの根拠として多くの人が使っているのが、移動平均線やトレンドライン
つまり、上昇トレンドの途中、「移動平均線まで落ちてきたら押し目買いのチャンス」と考えたり、「トレンドラインまで戻ってきたところで戻り売り」といった具合です。
でもでも、百発百中の押し目買い・戻り売りの判断基準なんてありませんから・・・
「ここが押し目かな」と思って買ったのに、
もっと深い押し目があった・・・
そのままトレンドが転換してしまった・・・

ってことが頻繁に起こります。

そもそも、押し目や戻りが発生するということは、トレンドとは逆の力が働いているからであり、よほど強いトレンドの最中でない限り、そのまま行ってしまう可能性が高いということもできます。

じゃあどうする?

「押し目買い(戻り売り)」ではなく、「ブレイクアウト」を狙うという方法もあります。
つまり、相場の波の谷を狙うのではなく山を狙うわけです。

上昇トレンドといっても、一直線に上がるわけじゃなくて、小さな山(高値)や谷(安値)を作りながら上がっていくわけです。
だから、前回の山を越えて、新しい山ができそうだなという時に買う。
これが、「ブレイクアウト」の考え方です。
図でいうと・・・



理屈はわかった。
でもこれって、実際やってみると意外と怖いんですよね。
一時的には、間違いなく高値掴みしているわけですから・・・

でも、よーく考えてみると。
トレンドに乗っているだけです!
高値を更新したということは、新たな山が作られようとしている明らかな兆候ですから・・・

明らかに逆の力が作用しているときに買う「押し目買い」より、明らかに順方向に力が作用し新しい山が作られようとしている時に買う「ブレイクアウト」の方が、理にかなっているような気もします。

いづれにしても・・・
「押し目買い(戻り売り)」、「ブレイクアウト」の利点・欠点、特性をしっかりと認識しながら、意識して使い分けるようにすることが大切です。

このことを、肝に銘じて自分のトレードを進化させようと思います。

******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

記事検索
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

Amazonライブリンク
”無料体験”できます!
スポンサーリンク