FX「七転八起」~スイング & デイトレ~

失敗しても諦めない、少しずつでもいいから成長したいトレーダーの皆さん。相場を見る時間があまりないサラリーマントレーダーの皆さん。皆様に少しでもお役にたてる情報を発信しようと思います。さあ一緒に勝ち組を目指しましょう!

FXの知識

GMMAと一目均衡表の雲をコラボさせてみた

私が、1時間足のデイトレや日足を使った裁量トレードで使っているインジケーターは、

GMMA

GMMAについては、次の記事を参考にしてください。
【重要】GMMAに関する16のルール

GMMAの何が気に入っているのかというと、そのビジュアル
相場の方向性や勢いが、鮮やかに浮かび上がる点です。

ですが、ある本を読んでいて、GMMAと一目均衡表の雲をコラボさせてみたら面白いかも

ということで、表示させてみました。

こ、これは・・・
GMMA&雲

美しい

GMMAだけでもきれいなのに、雲まで表示したら
何だか神々しい雰囲気さえ漂います(笑)
相場は神によって動かされているそんな感じです。

相場の大まかな動きをとらえるのには、使えそうな気がします。
しかも、チャートを見ることで癒されます。

これで、成績にもつながればまさに最強のチャートですね


******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

悩ましき「押し目買い」その神髄は!

私は、「押し目買い(戻り売り)」でエントリーすることがほとんどです。

いわゆる、上昇トレンドの途中にできる安値(押し目)を狙って買っていくやり方ですね。
売りの場合は下落トレンドの途中にできる高値(戻り高値)で売っていくから「戻り売り」となります。
図でいうと・・・

理屈はよーくわかる。
でも、実際やってみると・・・
難しいのは、どこが押し目なのかの判断ですよねー。
そこで、押し目買いや戻り売りの根拠として多くの人が使っているのが、移動平均線やトレンドライン
つまり、上昇トレンドの途中、「移動平均線まで落ちてきたら押し目買いのチャンス」と考えたり、「トレンドラインまで戻ってきたところで戻り売り」といった具合です。
でもでも、百発百中の押し目買い・戻り売りの判断基準なんてありませんから・・・
「ここが押し目かな」と思って買ったのに、
もっと深い押し目があった・・・
そのままトレンドが転換してしまった・・・

ってことが頻繁に起こります。

そもそも、押し目や戻りが発生するということは、トレンドとは逆の力が働いているからであり、よほど強いトレンドの最中でない限り、そのまま行ってしまう可能性が高いということもできます。

じゃあどうする?

「押し目買い(戻り売り)」ではなく、「ブレイクアウト」を狙うという方法もあります。
つまり、相場の波の谷を狙うのではなく山を狙うわけです。

上昇トレンドといっても、一直線に上がるわけじゃなくて、小さな山(高値)や谷(安値)を作りながら上がっていくわけです。
だから、前回の山を越えて、新しい山ができそうだなという時に買う。
これが、「ブレイクアウト」の考え方です。
図でいうと・・・



理屈はわかった。
でもこれって、実際やってみると意外と怖いんですよね。
一時的には、間違いなく高値掴みしているわけですから・・・

でも、よーく考えてみると。
トレンドに乗っているだけです!
高値を更新したということは、新たな山が作られようとしている明らかな兆候ですから・・・

明らかに逆の力が作用しているときに買う「押し目買い」より、明らかに順方向に力が作用し新しい山が作られようとしている時に買う「ブレイクアウト」の方が、理にかなっているような気もします。

いづれにしても・・・
「押し目買い(戻り売り)」、「ブレイクアウト」の利点・欠点、特性をしっかりと認識しながら、意識して使い分けるようにすることが大切です。

このことを、肝に銘じて自分のトレードを進化させようと思います。

******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

私のFX手法:WCtakeスイング、GMMAスイング&デイトレ

私のメイン手法は、WCtakeさんの手法です。
この手法は、毎日1回相場をチェックすればよいスイングトレードとなります。
私は特別(有料)会員ですので、この手法のロジック詳細も承知していますが、もちろんそれを明かすわけにはいきません(笑)。
ですが、無料でも、WCtakeさんがメールによってその分析結果の概要を毎日配信しています。
この手法に興味のある方は、メール登録してみてください。
この情報だけでも、トレードの優位性が上がることは間違いないですよ!
「WCtake」の詳細はこちら
FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

一方、自分なりの手法でスイング及びデイトレを行っています。
その手法は、私の今までの経験をもとにした裁量の部分が相当にあり、ロジックを簡単に説明することは困難です。
でも、手法の根底において非常に重宝しているインジケーターはGMMAです。
GMMAとは、12本の指数平滑移動平均線(EMA)を一度に表示して、トレンドをビジュアル化しようとするトレンド系のテクニカル指標です。
チャートは下の図のような感じです。
GMMAチャートとはFXチャートでトレンドをビジュアル化するテクニカル
GMMAではラインの交差よりも、各ラインの位置関係や形状からトレンドの状態や強さを判断します。
GMMAの見方。短期組、長期組

短期線グループ(ブルーのライングループ)


GMMAのブルーのラインは、短期スペキュレーター(投機的な参加者)の売買動向と考え、大きなトレンドの中での一時的・短期的な価格推移を表します。
短期線は、計測期間の短い3・5・8・10・12・15のEMA6本で構成されています。

GMMAチャートの見方。短期組、長期組

長期線グループ(ピンクのライングループ)


GMMAのピンクのラインは、中長期トレーダーの売買動向と考え、大きな価格トレンドの方向や強さの判断に利用します。
長期線は、計測期間の長い30・35・40・45・50・60のEMA6本で構成されています。

上昇トレンドでのGMMAチャートの序列

上昇トレンド


短期線、長期線ともに上から順に短い→長い期間の移動平均線が並びます。

下降トレンドでのGMMAチャートの序列

下降トレンド


短期線、長期線ともに下から順に短い→長い期間の移動平均線が並びます。

以下、GMMAの簡単な使い方です。

GMMA長期線グループ(ピンク色)の向いている方向を売買の基本戦略とします。

短期線(ブルー色)は売買のタイミングを計る目安になります。


ブルーの短期GMMAがピンクの長期GMMAに押し戻され、トレンドの強さが再確認される場面は、有効な売買のポイントとなることがあります。

2つのGMMAグループ内部のライン間の幅からトレンドの強弱を判断します。

長期GMMA(ピンク色)の各ラインが幅を保って推移している間は長期トレンドが強いと判断し、ブルーの短期GMMAの各ラインが拡がってきた場合は、相場が短期的に動きだしていると判断します。
トレンド強く継続している場面では、ブルー、ピンクともに拡散した状態が保たれるケースも見られます。

2つのGMMAグループ同士の間隔からトレンドの継続状態を判断します。

GMMAライン同士の間隔と同様に、2つのGMMAのグループ(ブルーの束とピンクの束)に挟まれた隙間もトレンドの強弱によって拡散や収束を見せます。

2つのGMMAグループ内部で、ライン同士が同時に収束してきた場合、トレンド転換の可能性が高いと判断します。

2つのGMMAグループ内部で、ライン同士が同時に収束してきた場合、トレンド転換の可能性が高いと判断します。2

ブルーの短期GMMAがピンクの長期GMMAとクロスした場合でも、ピンクの拡散状態が維持されている場合には、ブルーが押し戻されて元のトレンドに復帰することがよくあります。2つのグループがクロスした前後に、ラインやグループ同士の収束から序列の転換を確認してトレンドの転換と判断します。


さらに深くGMMAを理解したい方は、この本を参考にしてください。


******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

イベント前のリスクヘッジについて

今日は午後に、日銀金融政策決定会合、政策金利発表、黒田日銀総裁の定例記者会見、そして、明日の明け方には、FMOC、イエレンFRB議長の定例記者会見と、ビッグイベントが目白押しです。
こんな日は、無理に参加せずに模様眺めに徹しようと思っていました。
ところが・・・
メイン手法である「WCtake」スイングトレード手法の朝のメール内容がこれ
--------------
さて本日は注目の日銀会合、及びFOMCの発表があります。
まずは、お昼頃の日銀会合の結果発表について、総括的な検証の内容に注目です。
今回は検証のみで緩和は見送る観測と、マイナス金利の拡大が実行される可能性もあります。
FOMCでは、サプライズは無いと見られていますが、いずれにしても本日は大きく動く可能性がありますので注目していきましょう。

尚、昨日の動きで、ドル円に新たな売りシグナルが発生しました。
今回はイベントに伴い、ストップを置いて参入推奨です。
また、これまで保有してきましたユロ円についても、ストップを置いて監視しましょう。

--------------
うーん、ドル円で新規参入か~
てっきりイベントにつき「様子見奨励」かと思っていた。
しかし、良く考えてみると損切・利食いまでの値幅が大きなスイングトレードではイベントの変動は許容範囲内であり、トレードルール上のシグナルが発生している場合、エントリーする方が自然なのかもしれない。
そして、イベントにサプライズ等があり、予想外の値動きをした場合のリスクヘッジとしてストップを置く。
きちんとリスクヘッジした上での新規参入、こんなイベントの迎え方もあるんだ~ とまた一つ勉強になりました。
あ、それと、上記メールは、無料会員でも受信できるものなので、ただ漠然と「ストップを置きましょう」と書かれているだけですが、私は有料会員なので、ストップをどこに置くかという情報も得ることができます。
WCtakeさん、いつもありがとうございます。

「WCtake」の詳細はこちら
FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

結果的に、午後からの値動きがどうなるかはわかりませんが、ストップを置いたところまでのリスクは許容していますので、落ち着いて眺めていたいと思います。
でも、思惑通りに動けばいいな~という欲があることも事実です(笑)
まだまだ修行が足りんわなー
 
******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************

OANDAオープンオーダーMT4インジケータ使ってみた!

OANDAオープンオーダーのMT4インジケーターを入手したので、早速使ってみました。
とはいいつつも、先週は英国国民投票のため大荒れの相場、実際の取引はせず、使用感だけ確かめました。
MT4の画面はこちら
OANDAオープンオーダーインジ
週末(市場はクローズ)時のUSD/JPY、4時間足チャートです。
OANDAオープンオーダーとGMMAを表示させています。
週末は、とんでもない値動きだったので値幅が大きいですが・・・
雰囲気だけはわかると思います。

使い方ですが、具体的な利用事例がOANDAから紹介されているので見てみましょう。
事例1:ブレイクアウトを見極める
OANDA事例1

事例2:反発のタイミングを見極める
OANDA事例2

事例3:トレンドの強さを見極める
OANDA事例3

このインジケーターを入手するには、キャンペーン期間内にOANDAの口座で取引を行い申告するだけです。
キャンペーン締切りは2016年7月31日お申込分までということです。
OANDAに口座を持っていない方は、これを機会に作ってみてはどうでしょうか?
このインジケーターを入手できるのなら、口座開設の手間などたいしたことはない・・・
一考してみる価値ありだと思います。

OANDA口座開設はこちらからどうぞ。
OANDA Japan MT4

******************************************
更新の励みになりますので、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
お互い勝ち組を目指しましょう!!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ    
******************************************
記事検索
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

Amazonライブリンク
”無料体験”できます!
スポンサーリンク